出会えた時のデートはおごり?出会い系で出会った女とのデート

出会えた時のデートはおごり?出会い系で出会った女とのデート

出会えた時のデートはおごり?出会い系で出会った女とのデート

出会い系で出会った女性に限らず初デートでの食事代をどうするか?と悩む男性は多いと思います。

 

「男らしくおごるべきか・・・」「いやいやお金ももったいないし割り勘だよ!」「どーせならおごってもらいたい!」
いろいろな意見があると思います。

これらについて過去の僕の体験も絡めながら三つのケースに分けて考えてみます。

・おごる

ケチケチしている男性は良い印象を与えませんので、基本的には全額おごるつもりで毎回の初デートに臨むべきです。

 

できればあくまでもさり気なく、スッとレジに立ち黙って全額払い、マトモな女性ならここで何か言ってくるはずなので、「おごるよー」とひとこと言えばOKでしょう。

 

ここで気をつけたいのは、恩着せがましくならないこと、貸しを作った感を出さないことです。

 

食事代をおごったからといって、次回も会ってくれるとは限りません。
と言うより、食事代をおごった事と次回会えるかどうかは直接の関係はありません。

 

コチラの印象を下げないための要素の一つなだけであり、それ以上もそれ以下もないので、必要経費として完全に割り切って考えられるようにしましょう。

・割り勘

相手女性を気に入らなかった場合は、割り勘を提案しましょう。
また会いたいと思えない相手におごる意味はありませんからね。

 

また、気に入った女性におごろうとしても、頑なに割り勘にしようと言われた場合は、割り勘で済ませるしかしょうがないです。

 

ただしその場合でもキッチリと2で割って細かく割り勘にするのではなく、例えば二人合わせて二千数百円だった場合には、「千円でいいよー」といった感じで対応すると印象がいいです。

 

とにかく精算前に支払いの話をしたりせずに、食事が終わって帰る雰囲気になったら伝票を持って黙ってレジに行きとりあえず全額支払ってしまえば、細かく割り勘の金額が女性から返ってくることもないので、後は女性の反応に合わせればいいでしょう。

 

なお、割り勘にこだわる女性は少なくありませんが、その事を食事中にコチラが与えた印象と深く絡めて考える必要はありません。

 

食事が割り勘になってしまってもホテルに行ったり付き合ったりできたケースは僕も過去に何度もありますし、以前付き合っていたある女性は交際中も必ず食事は割り勘でしたね(笑)

 

単なる価値観の違いなだけで、そこは意固地になって全額支払おうとしなくても大丈夫ですし、あまり意地を張ってもそれこそ相手に変な気を遣わせて逆効果になりかねません。

・おごられる

僕は過去に何度かありますが、たまたまタイミングが合わずに女性が先にレジに立ち、後から僕がお金を返そうとしても「いいよー」と受け取りませんでした。

 

おごられるケース全てに言えることは、コチラが相手に気に入られた状況だったということです。

 

「今日は払うから次回はお願いね〜」
自分的にはイマイチだった女性にこう言われておごってもらった事がありますが、いろいろと悩んでその女性とはやっぱり2度目はありませんでした。

 

もちろん、僕が悩んでいた理由は、食事をおごってもらったからまた会おうかどうかという事に対してではありません。

 

この事から考えても、食事代を払ったこと自体には相手になんの影響も与えない可能性が高く、あくまでも印象を下げない程度の問題だという意識を持つべきです。

 

以上三つのパターンに分けて書いてみましたが、例えば飲み屋でお酒を飲むことになった場合などは結構高額になってしまうので、そういう時は無理に背伸びをせずに初めから割り勘の約束でいいと思います。

 

僕は以前、出会い系サイトで知り合った人妻と初デートで飲みに行き、雰囲気よく飲めたと感じて数万円全額支払い、結局その日はそのまま別れてその後も二度と会ってくれなかった経験があります。

 

どんなに話が盛り上がろうが、次のステップに繋がらなければ単なる無駄銭と捉えるしかない訳で、基本的にはおごりのスタンスで臨むべきですが状況に応じて対応した方が後々苦い思いをしなくて済みます。

 

ちなみに付き合っていない状況でホテルに行けた場合、ホテル代は全額支払うようにしましょうね。
半分払うと言われれば受け取っても構いませんが、ここはもう「相手をして頂いた」という感覚でいいと思いますし、ホテル代をケチる男は確実に印象を下げます。

 

あと、例えば初デートでドライブに行くことになった時など、飲み物を買っておいてあげたりするとさり気ない優しさを印象付けることができます。

 

僕がドライブに行く場合はお茶とコーヒーを一つづつ買っておいて女性に選ばせるという事を毎回しています。

 

女性の方も用意してくれている事がありますが何本あっても問題ありませんし、冬など寒い時期はできるだけ待ち合わせ直前にホットを買うようにしています。

 

こういった細かな気配りを女性はホントによく見ているもので、決定打にはならないものの積み重ねればジャブのように効いてくるので、さり気ない配慮が無意識のうちにできるようになれば食事代などの支払いも自然とおごる意識ができてくるものです。

 

食事代をおごることは気前の良さをアピールできる反面、無駄銭になるリスクがあり、割り勘にすることはそのリスクを回避できますが、距離を埋めきれないよそよそしい雰囲気を感じてしまうデメリットがあり、でも結局どちらかしか選択肢は無いわけなのであまり深く考えずに、それよりも女性の心を射止めることに神経を集中して食事を楽しめるようにしましょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ