ラブサーチで出会えた美人系

ラブサーチで出会えた美人系

ラブサーチで出会えた美人系

僕が実際に女性をホテルに連れ込むことに成功した体験談を紹介します。

 

利用したサイトは定額出会い系サイトの王道「ラブサーチ」です。
僕は定額制で唯一利用するのがこのラブサーチです。

 

なんとなく肌感覚なんですがラブサーチに登録してる女性はガツガツしてるというか、性欲が強かったりいろんなプレイができることが多いんです。

 

たぶんですが募集の方法がほかの定額制より変わってるのかもしれませんね。
とにかくラブサーチを利用する女性はガツガツして定額制の中では僕はナンバーワンの利用率です。

 

ラブサーチを利用し始めて3年以上経ちますが、ここは女性も男性と同じく利用料金を支払わないと参加できないため、遊び目的ではなく本気の女性が多いことを実感できます。

 

他の出会い系サイトやアプリでは年齢や職業を詐称しまくっている僕も、さすがにラブサーチでは女性に敬意を表し、プロフィールの全ての項目を真実で埋めることにしています(笑)
まあ、実際に会った時にも、その方が素の自分を出せるので楽です。

 

さて、今回出会った女性は隣県に住む32歳、結婚歴なしの独身でした。
相手の住んでいる場所が遠いと移動が面倒なので、普段は隣県を検索対象にすることなんて無いのですが、近場にあまりにもめぼしい女性が少なかったのでちょっと羽を伸ばして数人にアタックメールを送りまくってみたところ、彼女からメッセージが返ってきました。

 

最初に送るアタックメールは、内容のある長文であればあるほど返信率が高くなります。
Yahoo!パートナーのような、出会いに対して真剣な女性が多いサイトであればなおさらです。
こちらからのメッセージがあまりにも丁寧すぎて、スルーしてくれればいいのにわざわざお断りのメールを受け取ったことも何度となくあります。
サイトやアプリに参加している女性の傾向をつかむことは、無駄を極力省くという意味でも重要なことです。

 

隣県の32歳独身女性さとみとは、その後何度かやり取りを繰り返し、写真を交換して飲みに行く約束までこぎつけました。
運動施設の管理業務の仕事をしているというさとみは、写真を見る限り朗らかで可愛い感じの女性でした。
写真に騙される事も少なくないのですが、写真の時点でアウトではなかったのでホッとしました。
さらに、飲む場所をお互いの住んでいる地域のちょうど中間地点に設定することに成功しました。
中間地点からお互いの住む地域までは車でも1時間ほどかかるので、これでお泊りはほぼ確定、よほどのことが無い限り飲んだ後にホテルまでなだれ込むことができます。

 

そして数日後、写真で見たまんまの可愛らしいさとみが僕の前に現れました。

 

僕の不手際で飲み屋の予約が取れていなくて焦りましたがさとみは気にする様子も無く、二人で談笑しながら夜の街を歩き飲み屋を探し、ふらっと立ち寄った店で日付が変わるまでお酒を飲み、そのまま自然な流れで近くのホテルに入り、さとみと大人の時間を楽しませていただきました。

 

なお、その後さとみとは結局一度も会っていません。
何回かやり取りしたっきり、連絡が途絶えてしまいました。
僕としてはもったいない気持ちにもなりましたが、まあそんなもんです。

 

 

今回のさとみとの流れはちょっと出来過ぎな感じもしましたが、出会い系を長く続けていると、こういうオイシイ流れになることもあります。
でも2度目が無かったのは僕のプレイに問題があったのかもって考えると少し凹みますね(笑)


ホーム RSS購読 サイトマップ